2014年12月16日

一般質問件数の累計

◆一般質問件数の累計

一般質問.jpg

琵琶議員    32
赤石議員    9
中島信幸議員 36
福村議員    3
冨樫議員    9
五十嵐議員   4
中島溢子議員 30
蜥J議員    19
熊谷副議長   11
鈴木議長    -
*鈴木議長は議事進行のため−となります


◆定例会ごとの一般質問件数(平成23年第2回〜平成26年第4回)

琵琶議員    2 1 2 2 4 2 1 2 2 3 2 5 1 2 1
赤石議員    0 0 2 0 0 1 1 1 0 1 0 2 1 0 0
中島信幸議員 1 3 3 3 1 3 0 1 3 3 2 4 4 2 3
福村議員    0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0
冨樫議員    0 0 1 0 0 1 1 0 2 2 0 1 0 0 1
五十嵐議員   0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 1 1 0 0 0
中島溢子議員 1 2 3 5 2 2 2 1 1 2 3 1 2 1 2
蜥J議員    3 1 2 3 1 3 2 2 0 0 0 1 0 1 0
熊谷副議長   0 1 0 2 0 1 0 2 0 1 0 2 0 1 1
鈴木議長    - - - - - - - - - - - - - - -
*鈴木議長は議事進行のため−となります
*左から平成23年第2回定例会となります

posted by 議員ブログ at 23:59| Comment(0) | 情報公開

平成26年第4回定例会 一般質問

*通告書によるものですので、文言等は変更の可能性があります

【中島溢子議員】

◆文化施設について

 今は、老若男女問わず、文化団体の他団体との交流が行われておりますが、本町では、その施設の整備や音響などの整った施設を設けるべきと考えますが、町長の考えをお伺いいたします。

◆土砂災害について

 住民を土砂災害から守るための土砂災害防止法がありますが、本町では、どのような対応がなされているのかをお伺いいたします。


【琵琶博之議員】

◆議場の使用許可の考え方について

 議場で町民向けに地方自治の勉強会を開催するために、町議会議員として議場使用の申請書を提出しました。町からは、議場使用を許可できないと回答がありました。
 このことは、住民自治や住民参加の考え方に著しく反し、時代遅れも甚だしいものであると考えています。また、議場の実質的な年間使用日数が15日ほどであることを考えた場合、施設の有効利用の観点でも大きな疑問があります。
 議場の使用許可の考え方について、町長の見解をお伺いします。


【中島信幸議員】

◆新年度の予算について

 町長は、先般の町政の諸般の報告の中で、新年度の予算について、庁内で予算編成会議を開催したと言われておりますが、次のことについて伺います。
1.新年度の予算編成に当り、重点的施策について、どのようなことをお考えか伺います。
2.今後の町の財政の見通しについて伺います。

◆空家対策について

 定住者のいない住宅が、全国で10年後には約1,400万戸に達し、5軒に1軒との試算もありますが、本町では空家対策について、どのような対応を考えているのかを伺いします。

◆有害野生獣の対策について

 先般、北海度新聞の報道による蘭越町のアライグマの繁殖が述べられておりますが、アライグマを含めた町内の農作物の被害がどの程度あったのか、またその繁殖の可能性についての対応、その対策について伺います。


【熊谷雅幸議員】

◆エネルギーの地産地消化

 再生可能エネルギー導入による地域経済効果としては、
@エネルギー自給率向上による購入コスト面などの地域経済効果
ACO2排出抑制による炭素クレジット販売による効果
B新たな設備投資による建設経済効果
などがあげられます。
 蘭越町でも、林地残材などを活用した「木質ボイラー」の導入や、稲わら、もみ殻などを利用した再生可能エネルギー活用に対しての支援策などが考えられないのか伺います。

【冨樫順悦議員】

◆地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正について

 改正法は、教育長と教育委員長を一本化した新「教育長」を置くほか、首長が教育方針を教委と話し合う「総合教育会議」を地方自治体に設けるなど、首長権限の強化を教育行政の責任者を明確化する、教育行政の極めて重要な根幹部分の改正であると理解しており、速やかな改正法への移行を望むものであります。
 町長は、先の一般質問のご答弁で、改正法について詳しく述べられておりますが、改正法への移行いついてどのようにお考えかお伺いいたします。

posted by 議員ブログ at 23:53| Comment(0) | 一般質問