2014年12月05日

一般質問の通告書を提出

4日(木)、12月議会での一般質問の通告書を提出しました。当初、約500万円の選挙経費の削減等を考えて、来年4月の統一地方選で、町長選と町議選のW選挙の可能性に関する質問も考えていましたが、議会事務局と相談し、議場の使用許可の1問のみにしています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(質問事項)
議場の使用許可の考え方について

(質問の相手)
町長

(質問の要旨)
議場で町民向けに地方自治の勉強会を開催するために、町議会議員として議場使用の申請書を提出しました。

町からは、議場使用を許可できないと回答がありました。

このことは、住民自治や住民参加の考え方に著しく反し、時代遅れも甚だしいものであると考えています。

また、議場の実質的な年間使用日数が15日ほどであることを考えた場合、施設の有効利用の観点でも大きな疑問があります。

議場の使用許可の考え方について、町長の見解をお伺いします。

posted by 議員ブログ at 00:00| Comment(0) | 一般質問